気仙沼の板金塗装はリペアガーデン

モケット塗装・モケットコートとは

モケット塗装・モケットコートとは

スウェードやベルベットのような質感を作り出す塗装技術のひとつです。 自動車の場合はオリジナリティーを持たせたいオーナー様が内装塗装時にご利用される事が多いです。
専用の塗装機器を利用し、樹脂パーツ(プラスチック)などを塗装すれば、感触の良い布地のような表面に変更することが出来ますので、車内空間をより高級に仕立て、他の車とは違う自分だけの特別な空間を生みだします。

モケット塗装・モケットコートとは

ナビ周り等でアクセントに使われる光沢のあるピアノブラックも高級感がありますが、触った時に指紋が残っりやすく、それが嫌でモケット塗装を希望されるオーナー様もいらっしゃいます。

モケット塗装・モケットコートとは

モケット塗装は一度部品をバラさないとキレイな塗装は出来ません。リペアガーデンでは一点一点丁寧に取り外し行い、表面をきれいにクリーニングした後に、各パーツを塗装いたします。
色も選べますので、社内の一部を自分の好きなカラーでモケット塗装する事で、今までと印象が違った内装にする事も可能です。 また、同色のモケット塗装でも、生地独特の光沢による変化を楽しむ事が出来ます。

モケット塗装・モケットコートとは 毛足が長く細かな毛を立て、なめらかで艶のあるモケット塗装。 写真では伝わりにくいですが、この感触はぜひ直接見て触って頂きたい技術です。
ちなみにモケットとは、車両の椅子などに使われる肌触りが良く丈夫な毛織物の事で、新幹線のシートにもJRオリジナルの「新幹線モケット」という生地が使われているそうです。